« 2月26日(月)はれ、労働が犠牲ではなく、生きることがしあわせな社会をめざそう | トップページ | 2月28日(水)くもりのちはれ、愛するひとよっ! »

2月27日(火)くもりのちあめのちくもり、おのれのもっとも醜悪なものをゲロのように吐き出し、ひっくりかえしてみる

01_99  脳は1千億の細胞は1秒に1ケ死んでいくとしても、海馬の領域が発達しつづけるため、一時の自己規定は、ほとんど意味がありません。しかし、自分に対しても、否定的規定をしていると、それは良くない作用を及ぼすようです。なぜなら、眠っているときに、脳は整合性のしらみつぶしのチェックをおこなうことで、なぜだか、自分なんかだめだからっ、とか、ばかだからっ、と自分自身にむかって落ちこんでいるひとにおいては、そのとおりにしていってしまう、というはたらきがあるらしいのです。ほんとかウソかはしらんけどっ。
 そこで、きょう、ぼくは、自分が自分自身で大っきらいな部分を、はらわたを裏返すような偽悪的調子でぶちまける実験をこころみます。なぜ、これをするかって、自己否定さっ。無性に、なんでもかんでも、つまらんから、腹が立つから、とくに金がなくなって不愉快なのは、その話を聞いた人間か当人かさえも、わからんような、くだらない思いやりのかけらもないふざけたお話をされると、いい加減にしないと、いかにおとな01_100しいぼくでも、怒り狂っちゃうよ、てなこと言ったり言わなかったり、ふっ。
 ぼくは、凶暴です。もうしわけないけれど、ひとを平気で傷つけます。ふんっ。だれかといっしょかねっ。
 子どもの時は、本当に癇癪持ちで、反抗的人間でしたし、いまでも、ひとを小馬鹿にして、人を怒らせ、ケンカに走っても、なんとも思いません。殴るときすら、顔色を変えず、若いときに身についた戦闘が、いくつになっても抜けません。とくに、低脳な男が大嫌いで、みんないいひとだ、と思うことがあっても、ぼくも含めて、男はエロオオカミさっ、と感じており、棒でどつきまわして、川に突き落として、あの世に送ってやりたいほど頭にくるときがあります。
 ぼくは気取り屋です。いやん、ばかん。
 ブラックのジーンズがどうしても欲しくなると、最賃生活中だろうが、ぴゅ~っと買いに行きます。そのくせに、気取ってる野郎をみるとむかついて、便所の朝顔にそいつの顔をぐいぐいとつっこんで水を流してやろうか、などと思うことがあり、要するに、ぼくはぼくに似ているところのある男が嫌いらしい、という生きものです。
 無能でくだらないやつほど自己顕示欲や虚飾で自分を飾ろうとし、中身のないピーマン頭を知識のひけらかしによって、おおいかくしているのです。それ、ぼくのことっ、てとぼけてみたりっ。
 親鸞のように、本当に素直に、自分が愛欲の大海におぼれあがいていることを嘆くならいいのに、くだらないことにシャイでナイーブで、と自分の性格を規定することで、ほんとうにそうかどうか知らんが、おのれの臆病で小心なところをかっこつけてるだけの愚劣な人間だ、とつくづくと思っています。はっ、片腹痛いわっ。
 警戒心と防御を攻撃的な本性でつつみ、急斜面に前傾姿勢でつっこむように、そのうち、大けがするといかんので、不動でいこうかと、じりじり前進もくそもなく、なにも変えず、なにも変わらず、いかなる価値もなく、なにもできず、ただ食ってクソして寝てごろごして、ぼ~っとしてるだけのなまけもんです。
 あぁ~っ、なにもかもいやになっちゃったけど、安楽死できんかなぁ、なんて思いません。生に執着し、がつがつと、おもしろいことないか、楽しいことないかと、アホ丸出しで生き恥をさらして生きています。あぁ、あぁ、恥ずかしいわっ、息をしとるだけで、空気がもったいないわっ。どうせなら、虫けらの方がもっとましな生きもんなんじゃないのかっ、ふっ。
 厚顔無恥で、どれだけ嫌われていても、気づかないふりしてみたり、世間体すごく気にして、まぁほどほどになんとか気まずくならんようにやれんもんかなぁ、などと気を回す阿呆です。そんなことなら、もっと正直に、昔みたいに、なんだっ、俺様に文句でもあるのかっ、この野郎、胴体に風穴を開けて欲しいならいつでも言えよっ、とすごんでみる方がよかろうに、ふっ、ばかばかしいわっ。どうでもいいわっ。なるようになりくされっ。けんか売りたいやつは、いつでもかかってこいよ。徹底的にぶちのめしたるからなっ!
 と、書きたい放題、それでも、別に気分はす~っとはしません。
 だって、意味ないもんっ。
 まっ、ともかく、一回、ひっくりかえしてみるかっ。だめもとじゃん。明日の愛労連幹事会くらいで、こわれてみたろかっ?
 あほらし~っ、ばからし~っ、くだらねぇ~っ、ど~でもい~っ、へっ。
 27日も最賃生活をやってると、そういう気分になっても、不思議じゃねぇだろぉよっ、なぁっ。
 昨日は、ぼくだけの残金が、7,535円、看護・介護込みは、マイナス164,408円でした。
 朝ご飯は、母から盗んだブドウパン2枚、ただ。泥棒野郎は誰だっ?
 エドウィンのブラック・ジーンズが、5,200円
 昼は、仕事しすぎで食えなんだわいっ。ちくしょ~っ。ゼロっ。
 夜、会議も済んで、ブログを書いて、帰って、深夜1時の松屋で、豚ショウガ焼き定食とご飯大盛り、生卵1ケで、550円
 トータルは、5,750円
 残金は、ぼくだけのが、1,785円、看護・介護込みは、マイナス164,408円でした。
 
 あ~あっ、きょうは、こんなこと書いちゃったから、よけいに苦しみと悲しみと自己嫌悪にさいなまれ、悪夢をみるかもしれないです。そんなふうに、ひとの哀れみでも誘って同情してもらおうというさもしい根性がいやらしいっ。やれやれっ、あと1日だっ。
 あばよっ☆

|

« 2月26日(月)はれ、労働が犠牲ではなく、生きることがしあわせな社会をめざそう | トップページ | 2月28日(水)くもりのちはれ、愛するひとよっ! »

「最低賃金生活体験運動の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210493/5514825

この記事へのトラックバック一覧です: 2月27日(火)くもりのちあめのちくもり、おのれのもっとも醜悪なものをゲロのように吐き出し、ひっくりかえしてみる:

« 2月26日(月)はれ、労働が犠牲ではなく、生きることがしあわせな社会をめざそう | トップページ | 2月28日(水)くもりのちはれ、愛するひとよっ! »