« 2月4日(日)はれ、愛知県知事選挙の投票日、政治の流れを変えよう! | トップページ | 2月6日(火)はれ、最賃生活ストレスに適応し脱却をはかる »

2月5日(月)はれ、最賃生活フラストレーション・シンドローム

01_21  最賃生活を開始して5日となりました。
 本日の支出は、朝食代409円、交通費の380円、昼飯代が890円、晩飯ぬきを敢行、っで、1,979円にして、本日の残高65,367円です。

 ぼくはテストがあると、そのちょっと前から、長編小説を読みはじめるっ、とか、ひっじょ~に押さえつけられることなどへの反抗的精神が旺盛で、その結果、反権力の人間になってしまいました。つい最近知ったのですが、父親は、第二次世界大戦後に、戦地から戻ってきて、しばらく、解放運動のシンパだったようです。家に、そのような本は一冊もありませんでした。子どものころは、男の子というのは、最大の権力者は父親でしょうから、どうも、ものごころがつくまえから、やたらと父親にはむかっていたそうです。いまの、おだやかで善良なぼくからは、とうてい想像もできません、うふふふふっ♪
 抑圧については、とりわけ、肉体的拘束もいやですが、精神的自由に対する拘束には、きわめて敏感な抵抗力というのか、反発がわき起こってしまいます。
 人間の肉体は窮屈だと感じるし、精神は小さく萎縮することを断固として拒否したい01_22 です。間違ったことには決して従順ではありたくありません。巨悪とは死んでもたたかい、ちいさな悪を注意深く避けるようにしよう、と思ってきました。そういうふうにカッコつける偽善的なことさえ、いやです。きどることも、自分を飾りたくもなく、過小にも過大にも、おのれをとらえることは、正しくない、と考えています。
 人間をことごとくエゴイストと見ているわけではありませんが゜、自分のなかにあるエゴイズムをじっとみつめています。それは、確実に存在しています。
 個人としてのひとに、この呪縛はつきまとっているものかも知れませんね。そのようなものとつきあい、正直に向き合っていくしか01_23な いものとも思えますが、おそらく人間は類として、エゴイズムと個としての欲望からの解放を探し求めていることの証し、とも考えられます。
 今日は、こころのなかに、本屋へ行きたいなっ、という思いや、人が帰ったあとの事務所で、なんか食い物ないかいなぁ、とさがしまわる自分を見いだしました。あははははっ。こめつぶ喰いたい、とか、朝・昼食べて、夜食べない、のは、朝食を抜くよりましなのかなぁっ、とも思いました。
 不自由であること、自己に制約を課して生きること、できないことではなく、できるけれどしないこと、そのような自由を自分に与えることが、最賃生活体験ですが、これはもちろん貧乏ごっこでも、人体実験でもありません。ぼくは、これは、パラドックス・パラダイスのひとつのミニチュア・モデルだと思っています。天国か地獄かっ、現実認識とはこころのもちようの問題ですかっ?
 支配層は、そうだ、と言い、貧しくても心豊かに生きることができる、などと主張します。
 上昇志向で、人生を切り開き、成功するひとがいるっ、ってわけです。
 この考え方は、根本的に間違っており、人間の精神に幻想を植えつける悪しき観念論です。ぼくは、そう考えています。
 最賃生活体験運動は、それを経験により実証してきましたし、カネがないとどれほどみじめな思いをし、なぜひとびとが貧しさをさげすむのか、どうして貧困をいけないことのように理解するのかを、支配層の思考の秘密として浮かび上がらせる、と思います。そして、もし、貧困に根ざす思想からのみ、支配層とたたかうなら、勝てない、ということをついに認識するに至る道をみいだすのだっ、と思います。みんなで見つけていきましょう。
 ひとのこころに眠らされている高貴な生といのちと尊厳にみちた人間性を、支配層の幻想から解き放つために、ぼくらのやらなければならないことを、日々刻々とつかみとりましょう。サイチニスタよ、ぼくが現代労働運動の英雄と呼ぶたたかうひとびとよ、なんじらに真のさいわいあれっ!

 今日は、.ショパンの幻想即興曲 嬰ハ短調を聴きます。この曲は、作り手もそうですが、弾き手も妙手じゃないと、こなせないでしょうねっ。音って、どのようにして、空気の振動への感覚をひとの脳とこころにあたえ響かせるのでしょうかっ、そして聴くという行為からなにを産んでゆくのでしょうかっ? 本当にこの世には不思議なことが多いです。ぼくは、わからないけれど、いつも、感じ味わっています。愛するひとよっ! 晴れやかな可愛い素敵な笑顔、どきっ、くらくらっ♪

 おやすみなさい、また、あしたねっ。力をつちかい、進みましょうっ、じゃあね~っ☆

|

« 2月4日(日)はれ、愛知県知事選挙の投票日、政治の流れを変えよう! | トップページ | 2月6日(火)はれ、最賃生活ストレスに適応し脱却をはかる »

「最低賃金生活体験運動の記録」カテゴリの記事

コメント

 ここ数日、忙しさと、風邪気味で2日1回ペースになってました。毎日書くようにしよう・・・
 最賃体験、まさにこれは人体実験ではありませんがある意味人体実験かも?
 低賃金でも心の持ちようによって、幸せになれる。ある意味あたってて間違っている理論。
 これは、突き詰めれば、人間の思考が先か、物質が先かという問題だと思います。
 やはり、最高の思想と最高の魂は、最上の生活環境の中ではぐくまれると思います。
 つまり、労働者にとって、自分の権利、思想を高めるためには、多くの文化的な活動に触れる必要があります。
 後、やっぱり大切なのは、今の現状が必ず変えることができるかえる方法がある。これを見つけることが大切だと思います。

投稿: k70y09tuna | 2007年2月 6日 (火) 01時41分

聖地の偉大なる戦士tunaちゃん、いらっしゃいまし~っ♪
突き詰めれば、人間の思考が先か、物質が先かという問題=その通りっ!
史的唯物論の根幹にある考え方は、そうした答えを賞賛しますっ。
そして、次に出てくる、豊かさとはなにかっ、貧しさとはなにかっ、その定義と基準は、健康で文化的な生活のいとなみ、にほかならないのではないでしょうかっ?
わが国憲法25条は、その点においても、知的水準の高さを社会に与えています。
支配階級に対して、知的・文化的・モラル的に凌駕し、人間性と人格において上回り、そして、人数として最大多数の労働者階級は、きっと、人類の質を変革するものとなるに違いないのですっ!
労働運動は、そのきわめて現実的な舞台となっていますねっ。旧来のタイプとは異なる運動も、求められていますしねっ。
たのしいでしょ~っ? やりがいがあるでしょ~っ? すてきでしょ~っ?
サイチニスタの同志よっ!
また来てくださいね~っ☆

投稿: KUNIやん | 2007年2月 6日 (火) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210493/5226144

この記事へのトラックバック一覧です: 2月5日(月)はれ、最賃生活フラストレーション・シンドローム:

» 最賃生活6日目・ [Saichinista.blog ある最低賃金生活体験の記録]
というわけで、6日目になります。 あー。また、朝飯食べ忘れた。…。うーん。不健康ですね。 昼ご飯は、今日は、会議があったのですが、弁当がでたので、ただ。ラッキー。 今日は、まあ机にすわってデスクワークでした。 そして、夕ご飯もこの間、買い貯めた材料を使い、リゾット、大根サラダ、味噌汁。 ということで。0円。 おーしおーし。良いですよ! ただ、飲み物系。お茶100円とコーヒー(はなればなれ珈琲)150円が今日唯一の支出。水でも... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 02時09分

« 2月4日(日)はれ、愛知県知事選挙の投票日、政治の流れを変えよう! | トップページ | 2月6日(火)はれ、最賃生活ストレスに適応し脱却をはかる »