« 2月25日(日)くもり、最賃生活のラストサンデーはパラドックス・パラダイス | トップページ | 2月27日(火)くもりのちあめのちくもり、おのれのもっとも醜悪なものをゲロのように吐き出し、ひっくりかえしてみる »

2月26日(月)はれ、労働が犠牲ではなく、生きることがしあわせな社会をめざそう

01_97  資本主義的生産様式は、生産手段を社会の少数者であるひとびとが私的に所有することで支配し、くりかえしくりかえし、働くひとびとの生命力にほかならない労働力に対する搾取をつづけることによって成り立っている、といわれます。
 そんでもって、それのどこがいけないのっ、という疑問を前にして、簡単に言えば、初期投資はすでにとっくの昔に回収されてるじゃんっ、とみることができます。
 だったら、本来は、生産手段は、もう、社会のものに帰してもわるくないんじゃないのっ、という考え方ですねっ。
01_98 なぜ、そうならないんですか、そうなってこなかったんですかっ、という、至極もっともな 疑問があってもいいですよねぇ。ぼくには、このことがなかなかわかりません。
 世の中って、むづかしいですねっ。
 ひとりじめにしようという、いやしいこころが問題なのでしょうかっ?
 経営者たちからお金をもらって守ってあげる、いろいろな仕組みがあるんですかねっ?
 日本経団連や大企業からお金をもらう自民党みたいなものなのでしょうかっ?
 でも、この社会の仕組みは、知れば知るほど、おもしろい、よくできた、ともいってよいほどの制度なのですが、じつは人間が意識的につくりあげた制度と言えるのかっ、ていうと、とても、疑問な部分があるし、自覚的につくったにしては、じつに欠陥だらけでもあります。
 だって、この社会で、失業や貧困や、もっと大きくは戦争や犯罪の種子がいたるところにあるのです。これって、本当に、まともな良識をもったひとが、設計図や社会政策的な認識のもとにしあげていった、なんて言えるのでしょうかっ?
 新自由主義の市場原理主義、とは、そのような無意識的な資本相互間の野放図な競争と、独占との、無政府的な展開に、社会そのものを任せてしまおう、っていう無責任極まる経済理論なんでしょっ?
 弱肉強食ですねぇ、こわいですねぇ、いけないですねぇ、人間らしい理性と良識を放棄した、いいかげんなものの考え方で、ひとを不幸にすることも辞さないって、許されるわけなんでしょうかっ?
 ぼくには、まともな人間があたりまえに考えることとは、思えません。
 とても、信じられないです。
 同じように、日本の平均の最賃額である700円に満たない額で、どの地方の最賃審議委員の先生方だって、誰ひとり、最低限の健康で文化的な生活をいとなむことなんてできないことを知らないはずはない、と思うのですが、どうでしょうかっ?
 どの地方労働局の賃金課の職員の方々でも、同じです。
 ぜひ、最賃審議会の経営側委員の皆さんが、最賃額で1カ月の体験をおこなってみてほしい、と思うのは、いま、最賃生活で苦しいくらしをおくっている、すべてのフリーターや、低賃金の非正規雇用のパートさんとか派遣労働者の皆さんが一致することなんじゃないでしょうかっ?
 最終盤にくると、怒りに震えますよっ。
 ストレスで、こんなことしてるのが、普通にいやになりますよっ。
 されど、年収50万円から200万円でくらしてる若い仲間のことを思うと、自分のことだけで苦しむことは、違うんじゃないかっ、とも感じます。
 資本家・経営者の皆さんは、働くひとを人間としてとらえれば、こんなにひとを苦しめて、自分はしあわせだ、とでも言えるのでしょうかっ?
 わかりません、そういう、ひとの苦しみに思いをよせることのできないようなひとびとが、夜な夜なtyuuさんみたいに、畳の下に敷き詰めたお札でも勘定しているのでしょうかっ?それは、とても、こわいものがありますっ。わっはっはっはっは♪
 それとも、昼間は、コンピューターにむかって、株や取引やいろいろな計算をおこなって、マネーゲームに興じているのでしょうかっ?
 ぼくは、そんなひとびとを深くいやしみ、かわいそうな輩だと思いつつ、ポーランド侵攻作戦を地球儀を回しながら考えていたヒトラーのような人間なのかなっ、などと想像しています。
 お~っ、こわっ!
 ぼくとそっくりの顔をしていたら、嫌すぎます~っ。軽蔑すべき見下げた心性を、断固としてしりぞけたいものです。そういうひとびとが、この社会の支配者たちだとすると、やはり、偽装請負を摘発されて、法律の方が悪いんだっ、と言いそうですからねっ。週刊誌なども、そういうひとびとのなかで、とくに、派遣元会社の経営者などをとりあげつつあります。ふっ。
 ただ、まじめなだけで、こつこつと働き、ひとと争わず、おだやかに、ひとの嫌なところをみても苦にせずに生きれたら、どんなにいいことでしょう。
 ぼくのなかにさえ、生臭くいやらしい、見下げはてるようなこころは、ないと言えるのでしょうかっ?
 美しく生きたいけれど、しずかに、悲しみは、ぼくの胸にみちてゆき、ひとりでは無理だけど、なんとか、だれもがひとり残らずしあわせに生きることができるようにならないものでしょうかっ。
 あなたも、同じこころなんでしょっ?
 ただ信ずるのとは違い、たたかいのなかで手をつなぎ、ほほえみ、語りあえたら、苦しみも喜びもひとつであったなら、どんなにいいでしょう。
 だから、ぼくは、生き、たたかうっ!
 みんなとともに、あなたとともにっ!
 母は、倒れる前の状態に、ほぼ、もどることができました。みんな、ありがと~っ、みんなの祈りのたまものは、これからのたたかいのエネルギーとさせていただきます。ごちそうさまですっ。
 会計報告ですっ。
 昨日の残金は、ぼくだけのが、10,149円、看護・介護込みは、マイナス157,166円でした。
 本日の支出は、
 母のお茶とか食パンなどを含む、むこう1週間分の食糧等が、3,702円
 母の家庭用雑貨が、926円
 ぼくの昼飯代、焼きサバ弁当が、460円
 ぼくのヘルシア緑茶2本が、996円
 ぼくの晩飯代、あんまん、おにぎり、パンが、860円
 以上で、ぼくだけの支出が計、2,614円で、母の分をふくめると、7,242円です。
 残金は、ぼくだけのが、7,535円、看護・介護込みは、マイナス164,408円となりました。

 あと、2日、ぼくはおそらく、やりきれるんじゃないかなっ、と思いますが、ところで、どちらを報告することになるのかなっ?
 苦しみのなかでも、悲しみのなかでも、ぼくは愛する人を想いつづけ、たたかいつづけたいですっ。おやすみなさいっ。バイバ~イっ☆
 

|

« 2月25日(日)くもり、最賃生活のラストサンデーはパラドックス・パラダイス | トップページ | 2月27日(火)くもりのちあめのちくもり、おのれのもっとも醜悪なものをゲロのように吐き出し、ひっくりかえしてみる »

「最低賃金生活体験運動の記録」カテゴリの記事

コメント

 ここ最近、コメントを書けなくてすいませんでした。
 資本主義の社会、新自由主義の社会、思うに一人ひとりの人間があってならないと思うことが、平然と存在し仕方ないと見過ごされている。
 人間が作り上げた社会だけど、金という社会が人間を支配している。
 自分たちの闘いは、人間が相手ではなくこの、この金という魔物の社会構造をいかにコントロールして人間の手に再び奪い返す闘いだと思います。
 残り1日ですけど最後まで、走り抜けます。

投稿: k70y09tuna | 2007年2月28日 (水) 02時46分

おぉぉぉ~っ、聖地の偉大なる戦士tunaちゃん、いらっしゃいまし~っ♪
いっしょに走り抜けようなぁっ。
また来てくださいね~っ☆

投稿: KUNIやん | 2007年2月28日 (水) 04時05分

ブラックジーンズはWranglerですね! また、どーして欲しくなったんですか?

最賃最終盤は精神が荒みます。。。 今日で、終わりなんでがんばってください><

投稿: | 2007年2月28日 (水) 08時19分

↑書き込む日を間違えましたあ><

投稿: ( @w@)つ | 2007年2月28日 (水) 19時41分

(@w@)つしゃん、いらっせ~ましゅ~っ♪
ほっほっほっ、おちゃめさん♪
またきてくださいね~っ☆

投稿: KUNIやん | 2007年2月28日 (水) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210493/5513311

この記事へのトラックバック一覧です: 2月26日(月)はれ、労働が犠牲ではなく、生きることがしあわせな社会をめざそう:

« 2月25日(日)くもり、最賃生活のラストサンデーはパラドックス・パラダイス | トップページ | 2月27日(火)くもりのちあめのちくもり、おのれのもっとも醜悪なものをゲロのように吐き出し、ひっくりかえしてみる »