« 2月23日(金)あめのちくもり、ひとが大切に思うことを大事にしてゆこう | トップページ | 2月25日(日)くもり、最賃生活のラストサンデーはパラドックス・パラダイス »

2月24日(土)くもりときどきはれ、いにしえの叡智と現代科学の認識を武器として賢明にたたかい、歴史の扉をひらいてゆこう

01_93  ぼくは正直に言うと、ずっと長い間、宗教的迷妄は人々を愚鈍化し、反動的な支配を精神面に及ぼすだけのくだらない非科学的認識にすぎない、と思ってきました。この問題はぼくにはむずかしく、簡単にぱっぱっと結論っ、などと書くことはとてもできないのですが、楽しんで勉強してゆくことができます。それと同時に、ひとの人生においての歌声の多様な調べが聞こえています。
 母はいのちを失わなかったばかりか、日に日に元気をましてゆき、第三の人生ともいうべき、次の次元の生き方を模索し始めているかのようです。心教を読んでおりますが、中身を理解しようとしているのかどうかはわかりません。室内で足首の鍛錬のリハビリを自分でおこない、食生活をはじめとする生活習慣の改造を自覚して実践してきています。
 今日の医療・介護制度と高齢者福祉の現状を説明すると、はじめは、お金を払ってないからなぁ、と言っていたのが、たたかって変えないかんなぁ、とおっしゃるようになりました。へへっ、どうすんの、ひとりでなにが01_94できるもんかっ、とからかいますと、笑って ます。
 おかげさまで、ぼくは看護・介護の役割がすごく楽ちんになって、母のところで、ゴロゴロしてる状態になってきました。一面、ひま~っ、です。26日月曜日までに、物質的生活の整頓と再建のための準備を完了すれば、OKでしょう。

 いま、同時代を生きている人々の間に、新たな文明のためのたたかいが創出され、その合流がこころみられているような感じです。その流れがどういう展開となってゆくか、も楽しみの一つです。五木寛之氏が古代インド思想に学んで本を出しておられたり、教育をめぐる議論から共感力についての本も出てきました。般若、浄土、密教といった三つの領域の経典類をぼちぼちと読み、ナーガルジュナによる理論化と注釈などをぼ~っとして眺めておりますと、あぁ不思議だなぁ、こんな叡智がどうやって見いだされたんだろう、とうれしくなってきます。エジプトで発見されたユダとマグダラのマリアの福音書なども、なかなか楽しい書物で、想像力を刺激されるものがあります。そうしたとき、カントやヘーゲルと丸楠や麗人が指し示した道や法則性についての理解と照合してみます。とても簡単なことではなく、もっとたっぷりと時間をかけ、ゆっくり考えてゆきたいことです。
 リポート書きの原則である、だれがいつどこでなぜなにをした、それはどういういきさつでどんな状況でおこなわれたか、なぜとは単一か複合要因によるのか、その行為は誰のどんな利益のためのものであるか、を的確につかみだす方法論の土台にあるものが路線であり、路線は、思想とその党派性・階級性を生命力としており、その生命力の源はヒューマニズムです。それが、事物とことがらの科学的認識といにしえの叡智に導かれるなら、それは道と法といえるでしょう。空海は、貧しい者らには物を与え、富める者には法を与えよ、と述べたそうですが、ゴータマは筏のたとへにより、貧者と富者をわけずに物と法をと、説いたのではなかったでしょうか?
 ぼくは、仏教者たちというのは、法然と親鸞は事情は異なるとしても、空海や日蓮なども、権力におもねるいやしい心性をもったひとびとだ、と考えていました。
 しかし、始原の教えと文明が普及する歴史的限界のもとで社会構造的に、権力の加護なしに方便としてもそうならざるをえなかった、という事情は、まことにありそうなことです。ゴータマの教えが、それによって価値なきものとはならないように、真なる価値は、見いだすべきひとびとにより、きっと受け継がれてゆきます。

 最賃生活体験も、最後の土日にはいりました。さぁ、会計収支にいってみましょう。
 きのうの残金は、ぼくだけのが、17,211円、看護・介護込みは、マイナス47,429円でした。
 ぼくは母の依頼で、地下鉄に乗って眼科医まで薬をもらいに行きました、230×2=460円
 母のお薬代が、2,415円
 おなじくカニが食べたいなどという、贅沢な依頼で、2,800円(うち、半分を、僕の昼飯に略奪、ということで、昼飯代はおごり扱い)
 ぼくの書籍1冊、栄地下の星野書店にて、1,365円
 ついにきました、携帯電話代が、5,294円(へっへっへ、先月から節約して、発信ひかえめにしておきました)
 とうとう開始、禁断の晩飯抜き! で、0円
 てなわけで、本日の僕の食事代はゼロとさせていただきつつ、ぼくだけの支出が計、6,659円で、母の分をふくめると、12,334円です。したがいまして、残金は、ぼくだけのが、10,552円、看護・介護込みは、マイナス59,763円となりました。
 あと4日、ぼくは、達成者として、最賃の敵と呼ばれることになるのでしょうかっ?
 いけそうだけどねっ。

 1日おくれのupが、なかなか、挽回できません。おやすみなさい、また、あしたねっ☆
 
 
 
 

|

« 2月23日(金)あめのちくもり、ひとが大切に思うことを大事にしてゆこう | トップページ | 2月25日(日)くもり、最賃生活のラストサンデーはパラドックス・パラダイス »

「最低賃金生活体験運動の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210493/5492738

この記事へのトラックバック一覧です: 2月24日(土)くもりときどきはれ、いにしえの叡智と現代科学の認識を武器として賢明にたたかい、歴史の扉をひらいてゆこう:

» 癒しの音楽1 [癒し研究所]
【Vicente Amigo】の 【リモン・デ・ナタ】 彼のギターはホントに心にダイレクトに届いてくるといった感じで ど素人の私でも聴いてみて凄みを感じてしまう 今回紹介する曲は哀愁漂うメロディも素敵で、 一人の時間に考え事をしながらでも、ただボーッとしながらでも 聴けば日常とは違った異世界へ解き放たれること間違いないです。 stingも惚れ込む、スパニッシュギターのハープのような美しい高音の響き。 フラメンコ・... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 09時25分

» 介護タクシー [キーワードトレンドハンター]
介護タクシーに関するサイトを集めました [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 10時18分

» ギター@値段と品質の目安 [アコースティックギター@豆知識]
ギターの初心者の方に、ギター選びのアドバイス!アコースティックギターのあれこれも載せています!!(^^)v [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 10時45分

« 2月23日(金)あめのちくもり、ひとが大切に思うことを大事にしてゆこう | トップページ | 2月25日(日)くもり、最賃生活のラストサンデーはパラドックス・パラダイス »