« 2月1日(木)くもり、最賃第1日めから、焼き肉を食す | トップページ | 2月3日(土)はれ、貧者の経済学を学ぶ »

2月2日(金)くもり、梅の花の開花をよろこぶ

01_2  昨日は夕方、ずいぶん冷えこんでいました。金山総合駅南口で革新県政の会の政談演説会を聞いて、とっとと事務所にもどって、五役会議をおこないました。午後7時から10時近くまで、2月中のとりくみやトヨタ総行動への参加体制、春闘討論集会での議論方向などについて、活発な意見交換をしました。
 そして、日直初日の見回りをして、帰りに近くのコンビニに立ち寄りました。深夜12時24分の最終電車だったので、寄った時間は、午前1時ころだったと思います。

 コンビニに入った目的は、タバコは1カ月1カートンにしようと、10個をまとめ買いしました。200本を27日で吸うことにする01_12と、一日当たり7本に我慢すればすむことです。これは、3,000円です。使い捨てのライターがおまけに付いてきました。
 そのときに、あまりに空腹だったため、あんまんを1個だけ、買いました。105円です。
 じつは、これを夜食に半分と、朝食に半分にして食べたのです。貧しいでしょう?
 昼ご飯は、1食千円なんて使えないと知ったため、貧しい焼きうどん、ということで、これは500円です。
 晩ご飯は、さらに貧しい枯れ~、にしておきました。450円です。カレーは、店のひと01_13に、オリジナルっ? て聞いて、頷いてくれたので頼んだのに、辛口のククレカレーじゃんっ、て代物でした。
  事務所と家との交通費は190円×2が必ずかかります。380円。定期券にしちゃった方がいんだろぉか?

 また、夕方から、団交出席のため、名鉄で津島線の木田まで行きました。交通費、片道340円です。事務所までの帰りは、分会長さまがお車で送ってくださいました。
 よって、本日の支出額は、合計で4,775円ですが、1カ月の予算の中から、タバコ01_14代とヘルシア緑茶代を削減することとしまし た。
 ぼくは、一日500ミリリットルのヘルシア緑茶を飲んできましたけれど、2月はお茶は買わないぞっ、ということにしました。
 お金ないのに、茶なんか買えません。

 最賃生活2日目にして、すごく常識的にものを考えるようになってきました。これを貧困の経済効果とよぶこととします。
 せっぱつまらないと、この効果は有意義になりません。金に追われる生活、ということは、結局遊びを無駄とし、ゆとりをそぎ落とし、ギリギリのところへと自分をしばりつける、そういうことかも知れません。喜ぶべきことか、悲しむべきことか、わかりません。
 ただ、それでも、最賃額でやっていけるものなのかどうか、まだ不明です。
 本を買うおカネがないのです。
 服を買うおカネもないのです。
 遊びに行くおカネもありません。
 さぁ、チャレンジャー、どうしましょう?
 時間もなくなって、日直2日めの見回り時間になりました。
 おぉ、愛するひとよ、これからぼくはどうしましょう? ぼくは自分自身の無価値であることを見届けなければならないのでしょうか?
 愛知の最低賃金である、1時間694円しか、ぼくの人生の1時間の価値がないならば、とても悲しい。ぼくの人生の1時間の価値をぼく自身が決めてはいけないのですか? 円と等価の1万ジブン、ということでどうでしょう。だれがぼくの労働力をその価格であがないうるかは知らないけれどねっ。

 今夜はリストのラ・カンパネルラを聴きます。ラララ、ラララ、ララララっ♪
 渦を巻くようにつらなる音たちよっ。どうか、ぼくのわけのわからない悲しさと、さみしさの周波数に波長があったこころを、なんとかしておくれっ。
 末尾までのすばらしく力強いピアノの響きっ、グッドだっ。
 ときは、まだ、たっぷりとあるっ。そぉでしょぉ、愛するひとよっ!
 それとも、もはや、ときは、永遠に失われたものなのでしょぉか?
 ぼくは、いつまでも、なんにもわかっちゃいない、大馬鹿者だ、と思う。
 あなたの感情と、あなた自身を、大切にしたいのに…。
 でも、ごきげんよう。また、あしたがくる。おやすみなさい、愛するあなたのしあわせをどこででもいつでも祈る!

|

« 2月1日(木)くもり、最賃第1日めから、焼き肉を食す | トップページ | 2月3日(土)はれ、貧者の経済学を学ぶ »

「最低賃金生活体験運動の記録」カテゴリの記事

コメント

 毎日、カレー枯れ~ってのも結構いけますよ。ちなむに僕のほうは、まだカレーが残ってる!!

投稿: k70y09tuna | 2007年2月 3日 (土) 04時45分

聖地の偉大なるカレー戦士tunaちゃん、いらっしやいまし~っ♪
ぼくの学生だったころは、豚汁1杯にどんぶり飯2杯(当時、たぶん140円)、とか、牛しぐれ煮と赤貝のカンズメでご飯を3合(550円)とか、毎日カニコロッケ定食(300円)とか、学食のメンチカツ定食(100円)、とか、ラーメン・ライス(150円)に目ん玉が飛び出るくらいのコショーがけ、とか、カネなくなったら塩コショー焼きめし(50円)とか、ついに路銀がつきたら、カンパ募集とたかりを開始し、100円ずつ集めてまわる、といった思い出もあります。友人の叔父さんから、実家に持って行くようにとあずかった鮎を20匹くらい塩焼きにして、すべて喰っちまった、という、あははっ、なこともありました。
それでも、毎日、カレーというのは空前絶無っ。想像もつきませんが、tunaちゃんのルーツって、インド人?
胃は丈夫なのっ? 身体、黄色くならないっ? どこか、枯れてきてないっ? 香辛料の刺激がきれたら、禁断症状があらわれたりっ?
身体と健康は大事にねっ、ちゃんと野菜も食べてねっ、医食同源だよっ。愛するひとに食べさせてあげるのと同じように、自分の食事を考えないとダメだよっ。
また来てくださいね~っ☆

投稿: KUNIやん | 2007年2月 3日 (土) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210493/5184575

この記事へのトラックバック一覧です: 2月2日(金)くもり、梅の花の開花をよろこぶ:

« 2月1日(木)くもり、最賃第1日めから、焼き肉を食す | トップページ | 2月3日(土)はれ、貧者の経済学を学ぶ »